2017年2月27日月曜日

スウェーデンのインクルーシブ教育2

スウェーデンのインクルーシブ教育1」の続きです。今回は、いわゆる「普通の小中学校」で、どのようなインクルーシブ教育が行われているのかについて書こうと思います。


 前回インクルーシブ教育1で書いた通り、スウェーデンの学校システムは、分離統合されており、知能指数が70を超えた生徒は、基礎学校と呼ばれる日本の小中学校に当たる学校に通います。簡単に書けば、これである意味インテグレーションはできたということになります。

 統計などではなく、私の印象ですが、おそらくスウェーデンで最もインテグレーションが進んでいるのは、就学前学校、いわゆる幼稚園や保育園に当たる幼児教育のレベルであると思います。小さい頃は、同じ場所でという考えが浸透しており、よほど重い障害を持っていない場合は、自宅近くの就学前学校に通う場合が多く、公立の就学前学校であれば、コミューンの特別支援教育の専門教員が時折きて、職員指導などをしている場合を多く見受けます。園の中に特別なクラスを設けて、交流を図っている場合もありますが、日本のように「療育」という感じの保育を行なっておらず、日本の都道府県レベルに当たるラーンスティングによって運営されている「ハビリテーリング」という機関が障害を持った子どもたちの家庭でのサポートにあたります。こういった就学前学校の状況をインクルーシブ教育と呼べるかどうかは、難しいところです。理由は就学前学校でのインクルーシブ教育の定義自体があやふやであり、簡単に判断しにくいためです。脱線しましたが、詳しく書くと長くなるので、この話はここまでにして置きます。


 話を戻し、基礎学校(小中学校)の場合、スウェーデンでは、基本的には、特別支援学級と呼ばれるような特別なクラスの設定はしない学校が今でも多いのではないかと思います。この辺りは、学校法の解釈の問題とされており、コミューンや学校によってはそういった少人数のグループを設けている場合もあります。しかしながら、文部科学省に当たる国の教育機関が、少人数クラスでの取り出し授業などは、「一時的な」ものとし、永久的なものとしてはならないという方針を出しており、母体級に席を置く形が多いのではないかと思います。例として書くならば、母体級に席を置き、音楽や体育などの授業を受け、少人数のクラスで教科学習を受けると言った感じのことはよく行われています。

 インクルーシブ教育で重要だとされるのが、個人がどのように感じているかという部分で、帰属意識が感じられる、仲間の一員としての実感がある、それぞれの個性、障害を含めた違いを可能性、良いものとして見ることができていることであると言われています。スウェーデンでは、こうしたインクルーシブ教育を実現するために、最も重要なのは、その学校に関われる人々がインクルーシブ教育を実現するという熱意を持つことであると言われています。個人の感情、気持ちに深く関わるのですから、やはり、それを変えるのは、人々の熱意、やる気が重要なのでしょう。法改正が行われ、学校も変化していますが、そこにいる人々が知識を持ち、気持ちが変わらない限り、インクルーシブ教育がそれなりの形で行われるということは難しいのであると思います。

 おそらく、すべての子どもがその個性に自信を持ち、社会的にも学業面でも一員であるという実感を持って学校で生活していくには、様々なサポートが必要となると思うのですが、ここでは、学習面での小中学校のシステムを簡単に紹介したいと思います。スウェーデンには、いじめに対する対策や平等に対するプランもありますが、ここでは省略します。


 とりあえず、同じ場に統合された子どもたちの中には、問題を起こす子、勉強についていけない子などが出てきます。そう言った様々な個性と可能性を持った子どもたちに対して、どのような教育をしていくかというところに、インクルーシブ教育の醍醐味があるのではないかと私は感じでいます。スウェーデンのインクルーシブ教育を見ていて感じることは、あくまでも、生徒個人にとって最良と思われる形を模索し、行うことに重きが置かれており、特に生徒が必要最低限の学力、高校に入学できるように最低ラインの学力をつけることを重視していると感じます。クラスの中に問題を持った子供がいると、たいていの場合、先生の会議などを経て、各学校にある「Elevhälsa (生徒の健康)」という名前の専門家のチームで話し合いが行われます。そこから、「åtgärdsprogram(改善プログラム)」というプログラムが組まれ、特別な支援や援助が行われることになります。この改善プログラムは、昔はものすごく手順があったのですが、改定が行われ、現在は、初期段階の様々な特別な支援は「Extra anpassningar (特別な配慮、もしくは合理的配慮でしょうか)」とされ、このプログラムなしで行うことができるようになっています。例えば、机の配置やグループ関係、イヤホンの仕様と言ったような配慮は、この改善プログラムには含まれません。改善プログラムは、昨年度、小中学校に通う生徒のうちの5.6%が受けたようです。( Skolverketの資料より)この特別な配慮に何が含まれるかと言った資料も出ていますので、また、機会があれば、紹介したいと思います。

 各学校には、特別支援教育の専門教員がおり、こういった生徒たちの対応に当たっています。専門教員は、取り出し型の教育を行ったり、クラス担任に教室の中でどのような支援、援助を行うと良いかというアドバイスをしたりします。このほかに、特別支援教員の大きな役割が、早期発見にあると思います。小学0年生から、これらの教員により、簡単なテストが定期的に行われ、言語面で遅れがある子を見つけ出し、早期に援助を行うということが行われています。こちらも大体の学校にどのような流れでするかというのが決まっているので、いつか紹介できればと思います。

 改善プログラムが組まれる際には、保護者にも連絡が入っており、家庭と連携して行っていきます。時には、障害判定に持っていく場合ももちろんあり、最終的に特別支援学校に移動という場合もあります。個人主義の国ですし、80年代からの流れで個人の発達プログラムを作り、個人をいかに成長させていくかに重きを置いてきたスウェーデン、この改善プログラムも、内容はその子をいかに変化させるかが焦点となっています。しかしながら、ここ数年、インクルーシブ教育の流れとともに、個人のみでなく、みんなでいかに変えていくかというような視点で話が行われるようになってきており、これは大きな変化であると私は感じています。

 またまた、長くなりましたので、スウェーデンのインクルーシブ教育3に続きを書こうと思います。次は、忘れてならない、スウェーデンのインクルーシブ教育の理想の原点、「En skola för alla」について、書こうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントをありがとうございます。