2017年8月26日土曜日

10回目の新年度を迎えて

 先週より新年度が始まり、忙しい2週間が終わりました。今年は、今の学校で迎える10回目の新年度です。そろそろ転職しようと思ってもう数年。結局いろいろあって、今のところで10年を迎えています。うちのコミューンは、10年以上働いて50歳とか60歳とかの節目の誕生日を迎えると金一封がでることになっており、同僚曰く、私もそこまで働くといいと。多分働かないと思いますが、先はわかりません。わからないのが人生の良さだと思えるようになった今日この頃です。


 私の働いている学校は、校舎に問題が出たので、小中学部が移転をしました。高等部だけ残って、どうなるかなと思ったのですが、狭いですが、生徒数も半分、職員数も半分ということで、ものすごく落ち着いて仕事ができています。(笑)移転した小中学部は大変なようですが、毎日会わないので、そんな様子もわからず、年度始めの忙しさはありますが、穏やかな新年度です。新校長も赴任し、やはり校長歴16年の校長先生は違います。新しい職場といえども、職員の扱いや学校をよく知っており、忙しそうですが、うまくやってくれており、安心です。


 今年度は、長年持ってきた一人の生徒の最終学年になります。彼を社会に送り出そうと思い、転職をしずに残りました。来年は3人送り出すので、高等部にいると転職しにくいなあ、機会を逃すなあとも思いつつ。新校長と一緒に働きたいという新たな思いもでたし、日本とは違って、勤務校を自分で決められる良さがスウェーデンにはあるので、ゆっくり決めようかと思います。同じところに長くとどまるとよさもありますが、やはり、刺激が欲しいなあと思ってしまいます。特に今の学校は、有資格者が半分以下になり、専門性の上では物足りなさがあるのは事実です。そこを補うために、今年も大学院に通い、第一教諭の交流会にも参加しようと思っています。


 
 一緒に働くメンバーがころころ変わった昨年とは違い、今年は、半年一緒に働いたメンバーがそのまま残り、ものすごくいいメンバー。どの人も前に組んだことのある気心の知れた人たちで、私の性格もよくわかっていると思われます。(笑)ほんと、ラッキーです。いろんなアイデアもあるし、いい1年になるように頑張っていこうと思った、新年度です。